ほくろがかゆいときはどうしたらいいの?

ほくろの知識

ほくろのかゆみに悩む女性

「ほくろがかゆい」「ほくろのあるあたりがムズムズする」そんな経験はありませんか?ほくろはいじってはいけないといいますが、かゆいときはどうしたらいいのでしょう。今回は、ほくろがかゆいときの対処方法をご紹介します。

ほくろがかゆいとき、かいてもいい?

基本的に、ほくろにはかゆみの症状が出ることはないといわれています。もともとあったほくろが、ある日急にかゆくなったという場合は、虫刺されやほくろのまわりの皮膚に何らかの症状が出ている可能性があるようです。湿疹などの肌トラブルか、汗などの刺激でかゆみが生じているのかもしれません。

「ほくろのガン」といわれるメラノーマも、かゆみの症状はないとされています。ほかの皮膚がんでも、基本的にかゆみは出ないとされており、ほくろがかゆいからといって過剰に心配する必要はなさそうです。

ほくろがかゆいときは、強くひっかいたりえぐり取ったりするようなかき方は避けるようにしましょう。ほくろは多くが良性の「できもの」ですが、刺激によってガン化する可能性があるからです。ほくろがかゆいのだと思っても、よく観察するとほくろの近くの皮膚がかゆいこともあるでしょう。できるだけほくろを刺激しないように、かゆい部分だけを優しくかくようにすると安心です。

ほくろかゆい説明

ほくろの皮がむけてきた、これって大丈夫?

かゆくてほくろをかいてしまったとき、ほくろの皮がむけてくることがあるかもしれません。また、特に触ったりしていないのにほくろの皮がむけるケースもあるでしょう。多くの場合、ほくろの皮がむけてもあまり心配する必要はなさそうです。 

引っかいてしまった拍子に少し皮がむけた、肌が乾燥してなんとなく皮がむけている、という程度であれば、日常生活の中でも度々起こることがあるでしょう。気になる場合は、しっかり保湿をすることでケアできます。しかし、必要以上にほくろに触らないよう心がけましょう。引っかいたりつぶしたりするのは、もちろんNGです。 

一方で、ほくろの皮がむけることで心配なケースが見つかるのも事実です。例えば、かさぶたが付いたような状態になる、ジュクジュクしてくる、といった症状がある場合は皮膚科を受診することをおすすめします。これらの症状は皮膚がんの症状にも当てはまるため、専門医に診てもらうと安心です。

ほくろが取れてしまったとき、どうしたらいい?

「いじっているうちに、ほくろが取れてしまった」「引っかいた拍子にほくろが取れた」そんなケースもあるようです。実は、先天的なほくろは取れることはほとんどないとされていますが、後天的なほくろの場合はなんらかの拍子に取れることがあります。 

そもそも、ほくろとはメラノサイトという色素をつくる細胞が皮膚の表面に溜まっている状態です。本来は新陳代謝によって排出されるものが新陳代謝の低下によって留まっているだけなので、取れても不思議ではありません。取れてしまったほくろが再生することはあまりないようです。 

もしほくろが取れてしまったときは、下の皮膚を清潔にして保湿するようにしましょう。新しいほくろができないようにしっかりお肌をケアすることが大切です。直接日に当たらないよう、ガーゼや絆創膏などで保護するのもいいでしょう。痛みやかゆみがあるようでしたら、できるだけ早く皮膚科を受診すると安心です。受診の際は、「ほくろが取れた」というとわかりやすいですね。 

ほくろは、美容クリニックなどで除去手術があるように、基本的には取れても問題ないといわれています。しかし、ほくろによく似た皮膚がんだった場合や、取れた後に炎症が起きている場合などは注意が必要です。取れたものがほくろかどうかは、素人では判断が付きにくいので、不安な時はぜひ専門医に相談してみてくださいね。