ほくろが増えるって本当?ほくろが増える理由と対策

ほくろの知識

ほくろに驚く女性

はじめに

「いつの間にかほくろが増えていた」なんて経験はありませんか?顔や腕、足にあるほくろは目につきやすいので増えるとすぐにわかります。しかし、普段あまり目につかない場所にいつの間にかほくろができていた、というケースもあるでしょう。ほくろは本当に増えるのか、増えるとしたらどうやってケアしたらいいのかを、一緒に見ていきましょう。

ほくろは本当に増える?どうして増えるの?

1つでも目立ちやすいほくろは、複数あるとより目を引きやすいものです。男性女性を問わず、「ほくろが気になる」という人は少なくありません。また、ほくろについて悩んでいる人は、年齢を問わず多いのも特徴だといえるでしょう。 

ほくろに関するお悩みの中でも、「ほくろが増えて気になる」といった声は年齢問わず聞こえてきます。ほくろは本当に増えることがあるのでしょうか? 

ほくろは、発生原因がはっきりしていません。メラノサイトという細胞が変化してできる良性の「できもの」ですが、誰にでもできる、ごくありふれたものでもあります。多くの場合、ほくろができたからといって、特に気にする必要はありません。しかし、年齢と共にほくろが大きくなったり増えたりすることはあるため、自然と気になってしまう人が多いのです。 

ほくろが増える原因もよくわかっていませんが、大量の紫外線による刺激を受けたときや遺伝、妊娠中などにほくろが増えるケースがあります。結論として、ほくろは確かに増えることがある、といえるでしょう。

ほくろが増えて鏡を見る女性

ほくろが増えたとき、やってはいけないこと

ほくろが増えたとき、ついつい気になってほくろをいじってしまう人もいるかもしれません。しかし、何気ないその行動が、思わぬトラブルにつながる恐れがあるので注意が必要です。ここからは、「ほくろが増えたときにやってはいけないこと」を見ていきましょう。 

ほくろは多くが茶色や黒っぽい色をしていますから、肌の上で目立ちます。顔にあるほくろはメイクでも完全には隠すのが難しいので、女性にとってはとても気になる存在だといえるでしょう。1つでも気になるのに、増えたとなるとさらに気になってしまいますね。 

しかし、増えたほくろをメイクで無理に隠すのはおすすめできません。メイクの厚塗りや重ね塗りは肌荒れの原因になる場合がありますし、気分的にもあまり快適とはいえないからです。また、できてしまったほくろを引っかく、爪先で削り取ろうとするなどの行為もNGです。傷ついた肌を守るためにメラニン色素が分泌され、余計にほくろができやすくなる可能性があります。 

さらに、ほくろをいじったり傷つけたりすることで、がんに発展する可能性があることも指摘されています。クリニックなどで施術を受けるとき以外は、必要以上にほくろをいじったり傷つけたりしないようにしましょう。

ほくろが増えたときのおすすめケア方法

「顔にあったほくろが増えてしまった」
「腕や足に、新しいほくろが複数できた」

そんな時は焦らず、適切なお肌のケアを行いましょう。ほくろがある部分だからといって、基本的には特別なケアをする必要がありません。こすったり、引っかいたりしないように気をつけましょう。できるだけほくろが増えにくくなるように、紫外線対策をしっかり行うことが大切です。 

ちょっとした外出でも日焼け止めを塗る、帽子やサングラスなどで肌にあたる紫外線をカットするなど、毎日の小さなケアが有効です。日焼けしてしまったときはクールダウンと保湿を心がけ、肌トラブルの予防につなげましょう。また、ビタミンや鉄分、タンパク質の豊富な食事を心がけると、お肌の新陳代謝を促し、ほくろの原因となるメラニン色素の排出に役立ちますよ。