ほくろに毛が生えている!除毛しても大丈夫?

ほくろの知識

ほくろの毛

ほくろは、できるだけいじらない方がいいといわれています。とはいえ、目につくところにあるとついつい気になってしまいますよね。さらに、ほくろから毛が生えていたら、触りたくなってしまうのではないでしょうか?今回は毛が生えたほくろについてご紹介します。

ほくろに毛が生える理由

「ほくろに毛が生えているけど大丈夫?」そう心配になった経験のある人もいることでしょう。ほくろに毛が生えるのは、珍しいことではありません。ほくろに毛が生えていると「縁起が良いから抜いてはいけない」なんていう人もいます。実際、ほくろに毛が生えたことのある人はご存知かもしれませんが、意外と太くてしっかりした毛が生えることが多いようです。 

ほくろはもともと、皮膚の内部にあるメラノサイトという細胞が変異してできるものです。皮膚に毛穴があるように、皮膚の一部であるほくろにも毛穴があります。この毛穴から毛が生えてくるのです。ほくろはメラノサイトの動きが活発化して変異した細胞でできています。結果、メラニン色素という髪の毛の黒色のもとがたくさんつくられるため、ほくろ付近の毛穴から生えてくる毛は濃くて太い毛になりやすいというわけなのです。

ほくろ毛注意事項説明

ほくろに生えた毛は除毛しても大丈夫?

ほくろだけでも気になるところに、濃くて太い毛が生えていたら、より気になってしまいますよね。平らなほくろならまだいいですが、立体的なほくろの場合は、除毛してもいいのかどうか迷うところです。ほくろに生えた毛は除毛してもいいのかどうか、調べてみました。 

結論として、ほくろに生えた毛は除去しても良いようです。ただし、除去する方法は何でもいいというわけではありません。一番おすすめなのは、ハサミで毛の根元からカットする方法です。これならほくろを刺激することなく、気になる毛の部分だけ除去できます。 

引っ張って毛を抜く、ほくろごとえぐるなどの方法はおすすめできません。ほくろを刺激することで、ほくろがガン化してしまう恐れがあるからです。見た目には問題なくても、ほくろの内部が傷ついてしまうこともあります。一見異常がないように見えても、長期的に見たとき、ほくろが悪性化する危険があるので注意が必要です。 

カミソリや家庭用脱毛器などを使って、ほくろに生えた毛を抜くのはできれば控えた方が良いでしょう。ほくろを刺激することにつながり、メラニンがさらに過剰生成されてほくろが大きくなってしまう可能性があるからです。

ほくろに毛が生えているとき、していいこととダメなこと

ほくろの毛が生えているのを見つけたとき、してもいいこととダメなことをまとめてみました。

<してもいいこと>

・ほくろの毛をカットする
・ほくろにも毛にも触らず放置する
・普段通りのスキンケアをする(ほくろをこすったり、いじったりしない)

<してはいけないこと>

・ほくろの毛を無理やり抜く
・ほくろの毛を家庭用レーザーで除毛する
・カミソリや除毛クリームで、ほくろの毛を無理に除去する
・ほくろの毛を触り続ける

ほくろに毛が生えていると、気になってつい触ってしまいがちです。しかし、触ったりいじったりすることでほくろを刺激すると、ほくろのガン化を促すことになるかもしれません。ほくろは多くが良性の「できもの」ですが、外部からの刺激や紫外線を浴び続けることで、ガン化する可能性が高まることがわかっています。なるべくほくろを刺激せず、そのままにしておくことをおすすめします。

ただし、どうしてもほくろに生えた毛が気になるときや、ほくろに生えた毛を除去する必要が出てくることもあるでしょう。そんなときは、既述の通り、ハサミを使って慎重にカットしてみてくださいね。ほくろから生えてくる毛はどうしても濃く太いものになりやすいので、定期的なケアをするのがポイントです。 

毛だけでなくほくろも取りたいと思ったら、皮膚科や美容クリニック、またはほくろ除去クリームなどの専門店に相談してみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ほくろの毛は無理に抜いたり除毛したりしてはいけないようです。ほくろの毛は無理に抜いたり除毛したりせずにはさみで切るなどほくろに刺激を与えない方法で処置しましょう。もしどうしても濃いほくろの毛が気になるならほくろ除去を検討してみるのもよいでしょう。