ほくろは何歳からできる?子どもにほくろがあっても大丈夫?

ほくろの知識

子供のほくろ

ほくろには先天的なものと後天的なものの2種類があります。赤ちゃんや小さな子どもにもほくろができることはあるのです。今回は子どものほくろについてご紹介します。

子どもは何歳頃からほくろができ始める?

生まれつきあるほくろ以外は、子どもが大きくなるにつれてでき始めるといわれています。早いと乳幼児期からできはじめ、思春期にかけてほくろが増えてくるケースも多いようです。はじめは針の孔のように小さなほくろだったものでも、子どもの成長と共に大きくなっていくことは珍しくありません。 

ほくろには良性と悪性がありますが、多くのほくろは良性でそのままにしておいても問題ないとされています。良性のほくろでも自然に大きくなっていくことがあり、直径6mmほどの円形や楕円形のほくろであれば、あまり心配ないといえそうです。子どもの体に新しくできたほくろを発見した時は、少し様子を見てみると良いでしょう。 

ほくろができる直接的な原因については、まだよくわからない部分が多いとされています。しかし、紫外線を浴びた量と関係があることもわかっており、子どもが小さいうちから紫外線対策をすることがほくろ予防につながるとも考えられているのです。

子供のほくろ説明

子どものほくろは気にしなくていい?

生まれたての赤ちゃんは、「たまご肌」と表現されるようにすべすべでほくろのない肌をしているイメージがありませんか?もし、生まれてすぐにはなかったほくろがいつの間にかできていたら、親としてはとても心配になってしまうかもしれません。 

一般的に、多くのほくろは良性だといわれています。子供の成長に合わせて大きくなることもありますが、本人が気にしなければ特に除去しなくてもいいでしょう。なぜ子どもにほくろができるか、はっきりとした原因はわかっていません。 

また、ほくろには遺伝的傾向があることもわかっています。ほくろの多い親から生まれた子は、やはりほくろが多くできる場合があるという具合です。兄弟姉妹間でも、ほくろの遺伝的傾向はみられることがわかっています。このように、さまざまな理由から小さな子どもにもほくろができることがあるのです。



子どものほくろが気になったとき、知っておきたいこと

ほとんどのほくろは病気などの心配がないとわかっても、どうしても気になってしまう親御さんもいることでしょう。子供のほくろが気になったとき、ぜひ知っておいてほしいことをまとめてみました。 

・ほくろの大きさは6mmくらいまでは珍しくない
・子どもの成長と共に、ほくろが大きくなることもある
・ほくろは平らなものだけでなく、膨らんだものもある
・多くのほくろは良性
・人によって、ほくろの数や大きさに個人差がある
・赤ちゃんでもほくろができることがある 

ほくろに似た症状で「メラノーマ」と呼ばれる悪性の「できもの」があります。メラノーマは足の裏や手の平などにできやすいとされ、子どもの手足にほくろがあると心配になってしまうかもしれません。しかし、メラノーマは大人になってからできるのが普通で、10歳以下の子どもにはほとんど見られないとされています。 

上記のまとめを知っていても、どうしても子どものほくろが気になる場合は、一度医療機関を受診してみることをおすすめします。ほくろが良性かどうかは、医師がダーモスコープという器具で見て判断することが多いようです。痛みのない検査なので、小さい子どもでも安心して受けられます。 

ほくろの除去を検討する場合は、子どもがある程度大きくなってからの方が良いでしょう。体の成長と共に傷口が開いてしまう可能性があるからです。もしどうしてもほくろ除去したい時は痛みなど体の負担の少ないほくろ除去クリームの使用を考えるのもいいかもしれません。子どものほくろが気になったときは、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。