ほくろを糸で縛ると取れるって本当?

ほくろの知識

ほくろ糸女性

ほくろは、場所によっては人目に付きやすいため、コンプレックスになってしまう人も少なくありません。そんなほくろを取るために、「糸で縛る」という方法が知られています。ほくろを糸で縛って取ることは、本当に可能なのでしょうか。

ほくろと糸で取る方法とは?

ほくろは、先天的なものを除けば、できたばかりのときは平らです。時間が経つにつれ、直径が大きくなったり、膨らんできたりします。ほくろが大きくなると、なんとなく気になりますよね。人目に付く場所にできてしまったほくろであれば、尚更です。そんなほくろを自分で取る方法として、「糸で縛って取る」という方法が知られています。

ほくろを糸で縛ることで先端への血流を止め、細胞を壊死させて取るという方法です。このほくろ除去方法は古くから民間で行われてきたものらしく、「清潔な糸でほくろの根元を縛る」「髪の毛でほくろの根元を縛る」などのやり方が見られます。 

実際のところ、糸で縛ることでほくろを取ることはできるのでしょうか?結論を言えば、「難しい」というのが実情かと思われます。「血流を遮断するほどきつく結べない」というのが1番の理由です。確かに、一般家庭ではそれほど細かい作業を正確にするのは難しそうですよね。

ほくろを糸で取る方法

「ほくろを糸で取りたい」と思ったときは

糸で縛るだけでほくろを取ることができたらいいですよね。病院に行くと受診料や手術料などお金がかかりますし、市販のほくろ除去用品を購入するにも費用がかさみます。また、糸で縛るだけなら時間も手間もかかりません。手軽にできそうな方法なので、やってみたいと思う人は多くいるようです。

しかし、糸で縛ってほくろを取ろうとすることには、大きなリスクがあると知っておかなくてはいけません。例えば、糸で上手く結ぶことができず、ほくろを刺激するだけになってしまったケースが考えられます。ほくろは、メラニン細胞が「母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)」と呼ばれるものに変異して増殖した結果できる、良性の「できもの(腫瘍)」です。刺激によって細胞の動きが活発化し、メラニン色素がさらに多く作られてしまう可能性があります。これによって、ほくろが大きくなる、ガン化するといった危険性があるので注意が必要なのです。

自分でほくろをケアするならこんな方法がおすすめ

ほくろを糸で縛って取るのはなかなか難しいですが、自宅でほくろをケアしたいという人には、他にもいくつか方法が考えられます。例えば、「ほくろ除去クリームを使ってケアする」というのも方法の1つです。ほくろ除去クリームは自然由来の成分を配合したクリームで、海外では個人や病院などでも使用され人気のアイテムとなっています。 業者を選ぶときはサポート体制がしっかりしてる業者を選びましょう。何かあったときにすぐに回答してくれる業者じゃないと使用するのも不安になりますよね。

また、日本でも古来より病気の治療などに使われてきた「お灸」も効果があるといわれています。お灸を試す場合は、もぐさなどの道具を揃えて毎日お灸を焚いてほくろケアを行うのが一般的です。かなりの時間と手間が必要なので時間と手間を惜しまない人には、おすすめの方法だといえるでしょう。 ただし火傷の危険性や思わぬ肌トラブルがある可能性がある事も覚えておきましょう。

いずれの方法でも、ほくろをむやみにいじったり潰したりするのはNGです。また、ほくろをいじるつもりはなくても、スキンケアの最中に爪で引っ掛けてしまったり傷つけてしまったりすることもあるかもしれません。ほくろに刺激を与え続けると、ガン化する恐れがあるので、スキンケアの際も注意しましょう。 

安全に確実にほくろを除去したい場合は、自宅でのケアだけでなく皮膚科や美容クリニックの受診を検討してみるのもおすすめです。ほくろ除去方法は、レーザー治療やメスを使っての切除、くりぬく方法などがあります。ほくろの大きさや場所などにおいて、それぞれに適した形でほくろ除去をしてもらえるでしょう。施術後のケアや、お肌のトラブルが起きたときに迅速に対応してもらえるのが魅力です。