ほくろ除去クリームを安全に使うためにすべきこと、守るべきこととは

ほくろ除去クリーム

ほくろ除去クリームの安全性


「ほくろ除去クリームでほくろを取りたい!」という女性が最も気にすることは「安全性」だと思います。ここでは、ほくろ除去クリームの安全性について解説します。

わかりやすく説明しますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

ほくろ除去クリームは正しく使えば安全です。

ほくろ除去クリームは誤った使い方をしなければ安全です。逆に言えば正しく使わないと危険をともなう可能性もあるということです。まずは、ほくろ除去クリームを正しく使うよう心がけましょう。 

ネットの口コミなどでよく見かけるのは、
「ほくろが取れない」
「ほくろが再発した」
「塗ってみたら痛くてやめた」
「ほくろが濃くなり逆に目立ってしまった」
「クリームを使用したら赤くなってしまい、人と会うのが嫌になった」

など、ネガティブな口コミを見かけることがあります。しかし、これらの口コミはほくろ除去に特化したクリームのみの口コミではありません。ほくろだけでなく、いぼ・しみ・魚の目なども除去するクリームの口コミに多くみられました。

やはり、ほくろ除去専用クリーム以外のクリームは効果が期待できないようですし、再発する、跡が残る、色濃くなって余計に目立つようになるなどの副作用も多くあるようです。まずは、ほくろ除去クリームを扱っている専門サイトで内容と安全性をチェックし、納得してからほくろ除去クリームを購入することをおすすめします。

ほくろ除去クリーム説明書を読む女性

ほくろ除去クリームを安全に使うためにすべきこと

ほくろ除去クリームは安全だと前章で述べましたが、安易に使用するとほくろだけでなく、肌に負担をかけてしまい肌トラブルになる可能性もあります。ここではほくろ除去クリームを正しく安全に使う方法を紹介します。

ほくろ除去クリームで疑問に思うことは、業者に問い合わせてみる

ほくろ除去クリームのサイトから商品をチェックすると、商品の詳細や安全性、使い方など疑問点が生じてくると思います。その場合、サイト内の「お問い合わせ」から質問することをおすすめします。

迅速にきちんと回答してくれる業者なのか、問い合わせすることで業者の質も知ることができます。サイト内に問い合わせ先が明記されていない業者からの購入は信用性に欠けるので避けましょう。



ほくろ除去クリームが届いたら、必ず説明書を読みましょう。

ほくろ除去クリームを購入し、商品が届いたら中身を確認しましょう。
説明書に記載されている通りに必要なものが入っているかをチェックし、説明書に従って使用しましょう。 

「効果がなかった」「ほくろ除去跡が残った」など、マイナスな結果に終わった人のほとんどは説明書をきちんと読んでいないようです。
説明書を読まず、あるいは理解せずに誤った使い方をすると失敗してしまいます。

もし、説明書を読んで疑問に思うことや困ったことがあれば、購入した業者のカスタマーサポートに問い合わせをしてみてください。決して、勝手な解釈で無謀な使用はしないようにしてください。

ほくろ除去を安全に使うために注意すべきこと

ほくろ除去クリームの安全性を説明しましたが、中にはほくろ除去クリームが合わない人もいるかと思います。その場合は無理に使い続けるのではなく、カスタマーサポートに相談してみてください。

ほくろ痛み説明

気になる!ほくろ除去クリームは痛いのか。

ほくろ除去クリームでほくろを取りたいと考えている人が不安に思うのは、「皮膚が弱いし、痛いのが嫌いだから使うのに躊躇してしまう。」といったことではないでしょうか。 

ほくろ除去クリームの口コミをみると、「けっこう痛いです」「いや、痛みはなかった」など、ほくろ除去クリームを使用した人の痛みに関する感想は様々です。果たして、ほくろ除去クリームを使用すると痛みを感じるのでしょうか。

ほくろ除去クリームの傷みは成分によるかも

医療機関でのほくろ除去は痛みを感じて麻酔する人がいます。個人差はありますが、ほくろ除去クリームも多少なりともピリピリとした痛みを感じるかもしれません。 分かりやすく説明すると蚊が皮膚を刺すときにピリピリするような感覚です。

「ぴりぴりとした刺激があって、結構痛い。」などの感想を目にすることもあります。ほくろ除去クリームもメーカーによって成分が異なります。メーカーによって、同じほくろ除去クリームでも痛みの強さも違ってくるようです。 

おすすめは、ハーブ由来のほくろ除去クリームです。

なぜなら、ハーブ由来のものは低刺激のため、他の成分に比べて痛みも緩和されるからです。顔など、皮膚が繊細な箇所に使用するので、刺激が少ない天然の成分が含まれているほうがいいでしょう。 

但し、痛みには個人差があります。その日の体調やホルモンバランスによっても痛みの感じ方が違ってきます。まずは目立たない部分のほくろで少しだけほくろ除去クリームを塗って取ってみてください。問題ないようでしたら顔に塗ってもいいでしょう。 

肌の弱い人や痛みに敏感な人は使用する前にメーカーや業者に問い合わせすることをおすすめします。

ほくろ除去クリームで痛みを避けるには

「ほくろを取るためなら!」と覚悟していても、痛みに耐えながらほくろ除去クリームを使用するのもつらいですよね。

本来は低刺激で痛みを伴わないはずなのに、使い方次第で痛くなることもあるかもしれません。ここでは、正しい使い方や注意すべきポイントをご紹介します。

低刺激のものを選ぶ

前章で説明しましたが、まず刺激の少ない成分のほくろ除去クリームを選びましょう。ハーブ由来のものなどがおすすめです。ただし、何も感じない人もいれば、痛みに敏感な人もいます。痛みには個人差があることは心にとめておいてください。 

古いほくろ除去クリームは使わない

ほくろ除去クリームは肌に使用するものですので、製品は生産直後にメーカーより発送されます。それだけ新鮮さが大事ということです。

開封して長い間経った製品は、ほくろ除去する効果バランスが崩れている可能性もあります。中身も購入した時のように新しくないため、塗ってヒリヒリ痛みを感じかもしれません。そのような場合は塗るのをすぐにやめてください。 

サポート体制がしっかりしているメーカーや業者から購入を

ほくろが取れるまで、きちんとサポートしてくれるメーカーや業者を選びましょう。

「顔のデリケートな箇所に使用したい」「痛いのは嫌い」「痛みはあるのか」など、気になることはメーカーや業者にメールやサイトの問い合わせから相談してみましょう。痛みはないのか、痛みあるとしてもどれくらいの痛さなのかが分かれば使用する際も安心ですよね。 

説明書をよく読んで正しく使う

とても大事なポイントです。説明書を読まずに誤った使い方をすると、痛みが発生するかもしれません。それだけでなく、ほくろが取れなかったり、ほくろ除去跡が残ったり、赤く炎症したりする可能性もあります。必ず説明書通りに使用してください。

不明な点があればメーカーや業者に確認しましょう。 

清潔にして使用しましょう

ほくろ除去クリームを使用する際は、手やほくろを塗る箇所を清潔にしましょう。また、ほくろ除去で使用する製品の付属品などもきれいに使ってください。不潔にしていると菌が発生して炎症を起こしたり、痛みを感じることがあるかもしれません。 

ほくろ除去クリーム使用後は刺激を与えないように

洗顔は当日からしても問題はありません。お化粧は翌日から可能ですが、必要最低限にしておいてください。洗顔やお化粧は極力、刺激を与えないように優しくしてあげましょう。日焼けは避けてください。

無理して刺激を与えると痛みが発生するかもしれません。

ほくろ除去クリームの以外の痛みは

自分でできるほくろ除去方法として、ほくろ除去クリーム以外に「もぐさでお灸する方法」があると言われています。毎日もぐさをほくろの上でお灸して軽度の火傷を負わせてほくろを除去する民間療法だそうです。熱を与えて火傷させるので熱さは感じますが、痛みは感じないようです。熱さに我慢できない人には向いてないかもしれません。思った以上に手間がかかるうえに火傷跡などが残る可能性もあります。

ほくろ除去おすすめ季節説明

ほくろ除去クリームを使うタイミングってあるの?

ほくろ除去クリームは一年を通して、いつでも使用が可能ですが、おすすめのシーズンなどについて説明します。

春・秋・冬のこれからがおすすめ

敢えておすすめのシーズンと聞かれたら、春・秋・冬ではないでしょうか。

ほくろ除去クリームの使用後は日焼けを避ける必要があります。そのため、ほくろ除去後はしっかり日焼け止め対策をし、日に当たらないようにしなくてはいけません。キレイな状態にするには日焼けを避けるのは大切なことです。

秋や冬は夏に比べ紫外線量が少ないため、日焼けしにくい季節です。この時期にほくろ除去すると紫外線の影響を受けにくいのでおすすめです。

また、冬は夏ほどアウトドアもしませんので、この季節に自宅でこっそりほくろ除去するのもいいでしょう。

しかし夏にほくろ除去できないという事はありません。毎日しっかり紫外線対策をすれば夏のほくろ除去後の紫外線も怖くありません。敢えておすすめのシーズンと聞かれたら、春・秋・冬だということです。

 

誰にもバレたく人のほくろ除去クリーム選び方

「ほくろが気になる」「ほくろを取りたい。」という女性のもう一つの悩みは、「誰にもバレずにこっそり取りたい。」ではないでしょうか。

誰にも気づかれずにこっそりほくろを取りたいですよね。

そんな悩みを持つ人へ、バレないほくろ除去クリームを選ぶポイントなどを紹介します。

配送時の梱包も大事

自分の知り合いだけでなく誰にも知られたくない人は、ほくろ除去クリームだと外から見て分からない梱包をしてくれる業者を選びましょう。

外見から商品が見えないように梱包されているということは、プライバシーも遵守されているので安心です。

配送時の梱包状態や運送会社の送り状に品名がどのように記載されているかなど、気になる人はメーカーや販売業者に問い合わせしてみましょう。それでも気になる人は郵便局留めなどに対応してくれる業者を選びましょう。

マスク必須の今の時勢にほくろ除去を

コロナになり、外出時や人と対面でのコミュニケーションを取る際にはマスクをするようになりました。口元や顎のほくろが気になっている人や密かにほくろを取りたい人には、思い切ってほくろ除去クリームを使ってみてはいかがでしょうか。

ほくろ除去クリームでほくろ除去後、完全な状態になるまで個人差はありますが一定期間必要となります。それは、皮膚科や形成外科、美容外科でほくろ除去しても同じです。

マスクで顔半分が隠れる状態で過ごすことが多いので、口元や顎のほくろがなくなっても周りにバレにくいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ほくろ除去クリームの安全性、ほくろ除去クリームの傷み、ほくろ除去おすすめの時期、バレたく人のほくろ除去クリーム選び方 について解説しました。
それでは、最後にこの記事の内容を簡単にまとめましょう。 

・ほくろを落とすなら、専門のほくろ除去クリームを使いましょう
・納得してからほくろ除去クリームを購入してください
・ほくろ除去クリームが届いたら、まず説明書を確認し、説明書に従った使用することが大事
・不明な点や疑問点は、カスタマーサポートに問い合わせをして解決しましょう

ほくろ除去クリームは誤った使い方や無理して使い続けるとリスクが高くなります。

ほくろ除去クリームでも成分によって痛みがないものもあります。ご自身に合った成分のほくろ除去クリームを使ってみてください。痛みには個人差がありますので、低刺激のものを使っても痛みを感じる人もいるかもしれません。気になる人はメーカーや業者のサイトをチェックして、問い合わせしてみてください。

ほくろ除去のおすすめのシーズンは春・秋・冬です。夏でもほくろ除去はできますが紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。

誰にもバレたくない人は配送などに気遣ってくれる販売店を選びましょう。

説明書に従って使用すれば、ほくろ除去クリームは安全ですので、気になる方は、ほくろ除去クリームのサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。