夏の日焼けが原因に?日焼けとほくろの意外な関係とは

ほくろの知識

日焼ほくろ女性

秋になると、日焼けあとを見て楽しかった夏の思い出にひたる人もいるかと思います。そんな日焼け、実は思ってもみない危険性をはらんでいるのです。今回は、日焼けとほくろの意外な関係についてご紹介します。

日焼けとほくろには、こんな意外な関係性が!

夏は日焼け止めや乾燥対策など、お肌のケ日焼けアに気を使う人が多い季節です。しかし、秋になり涼しくなってくると、お肌のケアに気のゆるみが生じてしまう人もいるでしょう。秋が深まる頃は気温が変動しやすく、空気も乾燥してきます。このため、秋はお肌のトラブルが起きやすい季節だといえるのです。

秋以降に、体のあちこちで新しいほくろを見つけた場合、もしかすると夏の日焼けと関係があるかもしれません。夏は海やプール、キャンプなど屋外でのレジャーが楽しい季節です。日焼け止めや長袖上着などでしっかり日焼け対策をしていても、紫外線を完全に防ぐことはできません。夏の強い日差しに含まれる紫外線によって、少なからず日焼けしてしまうのです。

実は、日焼けの原因である紫外線とほくろには深い関係があります。そもそもほくろは、紫外線を長く浴び続けることで、皮膚の内部でつくられるメラニン色素の過剰産生によってできる良性の「できもの(腫瘍)」です。つまり、夏の日焼けによって新しいほくろがつくられてしまう可能性があるということになります。

日焼肌トラブル説明

秋以降はほくろ以外にもさまざまな肌トラブルが

夏が過ぎると、お肌にはほくろ以外にもさまざまなトラブルが起きる場合があります。夏の間に蓄積されたダメージが、目に見える形で出てきやすいからです。例えば、夏の紫外線によるダメージによって、シミやしわ、そばかすが増える人もいます。「この前までなかったのに、急にシミが出てきた」なんてこともあるでしょう。 

また、意外と忘れがちなのが夏場の頭皮のケアです。強い日差しのもとでは、なるべく帽子をかぶって過ごすという人は多いかと思います。しかし、帽子をかぶるだけでは夏の頭皮ケアは十分とはいえません。髪の毛や頭皮にも使える日焼け止めを使う、1日の終わりには日焼け止めや汚れをしっかり落として乾かす、などのケアも行うのがベストです。頭皮ケアがしっかりできていないと、秋以降に頭皮の肌トラブルが起きる可能性も考えられます。 

実は、頭皮にもほくろができることがあります。主な原因は紫外線や加齢によるものとされており、多くの場合はそのままにしておいても問題ケースがほとんどのようです。しかし、「ほくろが急に大きくなった」「血が出ている」などの異常が見られる場合や、ほくろの除去を希望する場合などは、皮膚科や美容クリニックを受診することをおすすめします。



今からでも遅くない!夏の日焼けケアでほくろ予防

日焼け後のケアは、日焼けしてすぐに行うのが1番です。とはいえ、今からでも遅くありません。気づいたときにすぐケアして、日焼けのダメージをできるだけ軽減しましょう。秋に行う夏の日焼けケア方法としては、まずはしっかり保湿することが大切です。肌が乾燥するとちょっとした刺激にも敏感になります。秋は空気も乾燥してくるため、お肌をしっかり保湿することでさらなるダメージを防ぐようにしましょう。 

また、「美白有効成分」の入った化粧水や乳液などを使うのもおすすめです。「美白有効成分」とは、例えばビタミンC誘導体やトラネキサム酸などが挙げられます。これらの成分は過剰なメラニンの生成を抑える効果があるので、ほくろ予防にも効果が期待できそうです。夏にたくさん紫外線を浴びてしまった肌には、保湿効果や「美白有効成分」の入った化粧品で集中ケアをしてみてはいかがでしょうか。 

もちろん、日常的に日焼け止めを使うといった基本的なケアも大切です。涼しくなった秋でも、夏同様に紫外線に気をつけて健康的な肌を維持しましょう。