子どものほくろ、美容手術で取ることはできる?

ほくろの知識

子供ほくろ

ほくろは、子どもにもできることがあります。親心から「できるだけ早くほくろを除去してあげたい」と思う場合があるかもしれません。子どものほくろは美容手術で取ることができるのでしょうか?

子どものほくろは除去してもいい?

ほくろは、先天的なものを除いて、人が大きくなるにつれてできるといわれています。乳幼児の肌にもできることがあり、10代にかけてはさらにできやすくなるというのが一般的な考え方のようです。とはいえ、子どもが小さいうちからほくろができてしまうと、見た目を気にする親御さんも少なくありません。「ほくろが多いといじめられるのでは」「ほくろがあるとひと目が気になるのでは」などと、心配になってしまうのも当然のことでしょう。 

大人のほくろは、特に悪性でなくても本人が気になるのであれば美容手術などで除去することができます。皮膚科医院や美容クリニックで除去手術を受ければ、簡単にほくろを除去することができるのです。では、子どものほくろは除去してしまってもいいのでしょうか。 

結論からいいますと、子どものほくろも大人同様に病院やクリニックで除去してもらうことができます。保護者の付き添いや同意が必要となりますが、希望すれば施術を受けられるのです。とはいえ、子どもの肌はまだまだ未熟で未発達なため、さまざまなリスクやメリット・デメリットを考慮の上でほくろを除去するかどうか考えなくてはいけません。

子供ほくろ除去説明

子どものほくろ、美容手術を受けるなら何歳から?

では、子どものほくろを取る場合、何歳くらいから施術を受けることができるのでしょうか?子どものほくろを除去するにあたり、特に年齢制限はありません。低年齢の子どもや赤ちゃんでも、ほくろを除去してもらうことはできます。 

ほくろの除去をする場合、メスやレーザーを使う方法が一般的です。小さな子どもの場合、痛みや刺激に驚いて体を動かしてしまったり暴れてしまったりするのを防ぐために、全身麻酔が用いられることも多くなっています。このため、小さな子どもでほくろを除去してもらうとなると、麻酔の副作用などを考慮する必要があるでしょう。 

小学生や中学生以降でも、ほくろの除去手術を受ける場合はリスクについてもしっかり検討する必要があります。麻酔の副作用はもちろん、ほくろを除去した後の傷口が成長と共に開いてしまう可能性があるのです。子どものほくろ除去を検討しているご家庭では、こうしたリスクや将来的な可能性についてもしっかり考えた上で、手術を受けるかどうか検討してみることをおすすめします。

子どものほくろを除去するとき知っておきたいこと

子どものほくろを除去するにあたり、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは、考えられるメリットとデメリットをまとめてご紹介します。

<メリット>
・子どもが見た目を気にしなくて済む
・ほくろが大きくなる心配がなくなる
・ほくろをいじったりする心配がなくなる
・肌がよりきれいに見える 

<デメリット>
・メスやレーザーを怖がる可能性がある
・痛みと刺激に耐えなくてはいけない
・傷跡が残る可能性がある
・麻酔による副作用の心配がある

ここに挙げたのは、メリット・デメリットとも考えられるものの一部です。他にも、子どもの体質や性質によってさまざまなメリット・デメリットが生じる可能性があります。子どものほくろを除去するべきか悩んだときは、子ども本人の意思を確認し、家族でよく話し合ってから決めるようにしましょう。 

乳幼児でのほくろ除去を考えている場合は、医師や専門家とよく相談してから決めるようにすると安心でしょう。子どもの年齢が低くなればなるほど、リスクも増えるからです。子どものほくろを除去するべきか悩んだときは、ぜひここでご紹介した内容を参考に、より安心で安全な方法を選んでみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
子供でも美容手術でのほくろ除去は可能です。子供のほくろ除去は怖いと思われるかもしれませんが子供のほうが肌再生が早いので跡が残井にくいというメリットもあります。しかしさまざまなメリット・デメリットが生じる可能性があります。もしお子様が病院や麻酔を怖がる場合、手術による不安がある場合ほくろ除去クリームなどもほくろ除去の一つの方法です。