家庭用脱毛器の光をほくろにあてても大丈夫?

ほくろの知識


脱毛してる女性

家庭で好きなときに好きなように脱毛できるのが、家庭用脱毛器の魅力です。美容サロンやクリニックで本格的に脱毛すると高額な費用がかかるため、家庭用脱毛器で脱毛している人も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが、ほくろです。ほくろに家庭用脱毛器の光をあてても大丈夫なのでしょうか?

ほくろは家庭用脱毛器の光で取れるの?

ほくろが気になる方の中には、家庭用脱毛器を持っている人も多くいることでしょう。家庭用脱毛器、特に「光」を使ったものは近年人気の美容アイテムの1つです。一方で、皮膚科や美容クリニックでほくろ除去手術をしてもらうときも、医療用のレーザーなどで治療が行われることがあります。 

こうなると、「家庭用脱毛器の光でほくろも取れるのでは?」と思う人がいるかもしれません。家庭用脱毛器でほくろまで除去出来たら、費用を抑えられるうえに手軽さもあり、とても嬉しいですよね。しかし、家庭用脱毛器の光をほくろにあてるのは、決しておすすめできません。 

思わぬ肌トラブルの原因になる可能性がありますし、万が一ケガなどをした場合にすぐ対処できるかどうかという不安もあります。家庭用脱毛器の光をあてたからといって、ほくろが取れる可能性はあまり高くないといえそうです。ここからは、家庭用脱毛器の光をほくろにあててはいけない理由を詳しく見てみましょう。

ほくろ部分の脱毛の注意点

ほくろに家庭用脱毛器の光をあててはいけない理由

いわゆる「光脱毛」と呼ばれる施術法の中には、メラニン色素に反応する光を使った脱毛方法があります。この方法では、濃くて太い毛ほど除毛しやすく、産毛などの薄くて細い毛には光が反応しにくいという特徴があります。 

家庭用脱毛器の中には、これと同じ仕組みで脱毛する光脱毛器があります。家庭でも扱いやすく、濃くて太い毛にしっかりダメージを与えてくれるのが魅力です。しかし、メラニン色素に反応するということは、ほくろにも反応してしまうということです。家庭用脱毛器の光をほくろにあてると、皮膚表面で強い光と反応してしまうため、やけどしてしまう危険性があります。 

脱毛サロンなどで光脱毛の施術を受ける際は、ほくろに保護シールを貼って施術を行うのが一般的です。ほくろ自体に生えている毛は、光脱毛では除去できません。美容サロンなどでも、安全性の問題からほくろに生えている毛の除去は断られてしまうようです。



ほくろがあっても家庭用脱毛器は使っていいの?

「せっかく購入した家庭用脱毛器、ほくろがあると使えないの?」と心配になってしまいますよね。光脱毛器の場合は、ほくろを避けて使えば問題ないとされています。スポットで光をあてる機器の場合は、ほくろの周りのみを脱毛すると良さそうです。広範囲に光をあてる機器の場合は、ほくろの周辺に水溶性のマーカーなどで色付けし、ほくろとその近くを避けて光を照射するようにしましょう。 

万が一、脱毛器の光をあててしまった場合は、すぐに冷やして皮膚科など医療機関を受診することをおすすめします。深刻な肌へのダメージが残る恐れもあるので、早急に専門医に診てもらうと安心です。 

ほくろに毛が生えていて気になる場合は、ハサミで根元からカットするようにしましょう。毛抜きで抜いたり、爪の先でいじったりしてしまうと、ほくろに刺激を与えメラニン色素の産生を促すことになってしまいます。メラニン色素がつくられると、ほくろが大きくなるので、要注意です。

また、ほくろは刺激を受けることでガン化することがあります。すぐに影響はなくても、ほくろは長い年月を経て変異することがあるので、気をつける必要があります。ほくろが急に大きくなった、形が歪になってきた、痛みや出血がある、などのほくろの異常が見られた場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ほくろに家庭用脱毛器をあてるのは思わぬ肌トラブルの原因になる可能性があるのでやめた方がよさそうですね。もし家庭用脱毛器を使う場合ほくろに直接使わないよう注意して使用するようにした方が良いでしょう。もしほくろ除去を考えてる方は脱毛の前にほくろ除去された方が脱毛をスムーズにできるかもしれません。