意外と知らない「手のほくろ」の実態とは?

ほくろの知識

ほくろ手女性

ほくろは顔や首だけでなく、全身のどこにでもできます。中でも、日常生活でよく使う手には、意外とほくろができることがあるようです。今回は、意外と知らない「手にできるほくろ」の種類や特徴についてご紹介します。

手にできるほくろの特徴と種類

体にできるほくろの数は、紫外線を浴びた量と関係があるといわれています。全てのほくろが紫外線の影響でできるわけではありませんが、日常生活で外気に触れやすい手はほくろができやすい場所の1つだといえるでしょう。毎日なにげなく目にしている自分の手を、改めてじっくり観察してみませんか?意外なところにほくろがあるかもしれません。 

手にできるほくろは、平らなものから隆起したものまで形はさまざまです。ほくろの色は黒や茶褐色から肌色、黄色などの種類があります。また、ほくろができる場所は手のひらや甲、指だけでなく指の間や爪など手全体におよびます。 

中でも意外と知られていないのが、「爪のほくろ」です。肌表面にできる一般的なほくろと違い、爪にできるほくろは黒い線状をしています。爪にできるほくろには2種類あり、爪甲色素線条(そうこうしきそせんじょう)という良性のものと、メラノーマという悪性のものに識別されているのです。爪にできるほくろも肌にできるほくろと同様、一度できると消えることはないと考えられています。

ほくろ悪性

手にできるほくろの意外な危険性とは

手にできるほくろには、意外な危険性が潜んでいることをご存知ですか?実は、悪性腫瘍の1つである「メラノーマ」は、手のひらや爪の下部、手の付け根などに発生しやすいことがわかっています。特に爪にできるほくろはメラノーマとの判別が難しいとされ、長い期間をかけて悪性化していくので注意が必要です。 

あるデータでは、メラノーマは顔よりも手足に発生しやすく、日本人の50%程度は手足に発生するタイプだという結果も出ています。これは「末端黒子型」と呼ばれるタイプです。もちろん、手にできるほくろのすべてが危険なわけではありません。しかし、大きなほくろや表面にツヤがあるほくろ、爪のほくろなどを見つけたときは注意して観察を続けることをおすすめします。 

特に爪のほくろを発見した時は、気になる場合は皮膚科を受診すると良いでしょう。医師の目でしっかり判断してもらうことで、メラノーマの早期発見につながります。セルフチェックの方法なども教えてもらえるので、日常的に手のほくろの経過観察をするのに役立つでしょう。

手に新しいほくろができたら注意したいこと

メラノーマができやすい場所である手には、新しいほくろができることも少なくありません。ほくろは紫外線を浴びた量と関係が深いとされていますが、紫外線と関係なくできるほくろも多いため、日焼け対策を行っている人でも手のほくろには注意する必要があるのです。 

手のほくろを見つけたときは、「どこにできたか」「大きさはどれくらいか」「輪郭や色はどうか」といった点に注意して観察してみましょう。手のひらと爪にできたほくろを見つけたときは要注意です。最初は小さくても、時間を経て大きくなってくる可能性があるので、定期的に大きさの変化を調べてみるようにしましょう。 

「普通のほくろよりも大きい」「表面にツヤがある」「輪郭がはっきりしない」などの特徴があるほくろだった場合は、一度皮膚科を受診してみることをおすすめします。ほくろによく似たメラノーマの可能性があるからです。ほくろとメラノーマの判別は難しく、中には「何年も前からあるから大丈夫だと思った」というケースもあるようです。手のほくろで気になることがあったときは、気になったときすぐに専門医に相談してみると良いでしょう。