意外な場所にできたほくろ、放っておいても大丈夫?

ほくろの知識

意外なところにほくろ女性

ほくろは全身にできる可能性があります。「こんなところにほくろ?」と不安になることがあるかもしれません。ここでは、体の意外な場所にできるほくろを放っておいても大丈夫かどうか、一緒に見ていきましょう。

こんなところにも?意外な場所のほくろ

気づけば、いつの間にかできているほくろ。「意外な場所にほくろがあって驚いた」なんて経験のある人もいるのではないでしょうか。顔や腕にできるほくろはよくあるケースなので、あまり珍しい印象はありませんよね。特に顔のほくろは、「泣きぼくろ」に代表されるように、チャームポイントになることもあります。

ほくろは顔や腕だけでなく、体のどこにでもできる可能性があります。「え、こんなところに?」と思う場所にほくろができても、多くの場合心配はいりません。しかし、「もとからあったほくろが急に大きくなった」「他のほくろと違う気がする」といった特徴がある場合は、皮膚科や専門の病院を受診すると安心です。

また、手の平や足の裏にほくろがある場合にも注意する必要があります。多くのほくろは良性でそのままにしておいても心配ありませんが、悪性のほくろは手の平や足の裏にできることが多いとされているからです。これは「悪性黒色腫」と呼ばれるもので、「メラノーマ」と呼ばれることもあります。手の平や足の裏にほくろがある、またはほくろができたという人は、一度医療機関に相談してみると良いでしょう。

意外なところほくろ説明

そのほくろ、もしかして病気のサインかも?

一見普通のほくろに見えても、実は別のものである可能性もあります。ここでは、ほくろとよく似た病気のサインを簡単にご紹介します。 

・メラノーマ

「ほくろのがん」と呼ばれています。通常のほくろと異なるのは、30歳以降にできることが多いという点です。また、急にできて大きくなったり、色が濃くなったりするほくろはメラノーマである可能性もあります。思い当たるほくろがある場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。 

・基底細胞癌(きていさいぼうがん)

ほくろとよく似ていますが、ほくろより硬くてゆっくり大きくなります。肌色や赤い色をしている場合もあるようです。皮膚の毛包にある細胞が無制限に増え続けてしまう悪性のできもので、出血しやすいという特徴があります。こちらも、見つけた際は早めに医療機関を受診することをおすすめします。 

・有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)

イボのような赤い隆起や不揃いな形の皮膚の盛り上がりのように見えることが多いとされています。紫外線の影響が大きいことがわかっていて、日光があたりやすい部位にできることが多いようです。このようなほくろがある場合も、医療機関の受診をおすすめします。 

これらの病変以外にも、ほくろによく似たものが病気のサインとなっているケースは少なくありません。もし体にできたほくろで気になるものがあったら、ぜひ一度皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。



体にできたほくろを自分でケアするなら

どこにできたかに関わらず、気になるほくろを自分でケアできたらいいですよね。ほくろは、爪でいじったりつぶしたりせず、優しくスキンケアを行うことをおすすめします。どうしても気になる場合は、ほくろ除去クリームでケアしてみるのも良いでしょう。ほくろ除去クリームを購入する際は、類似品に注意してくださいね。 

また、紫外線対策を徹底することもほくろケアにつながります。ちょっとしたお出かけの際も日焼け止めをしっかり塗る、帽子や上着を活用して肌に直接紫外線があたりにくくするなど、季節に関係なく紫外線対策をすることが大切です。ほくろは年齢と共に増えることが多いため、ほくろが気になり始めたらできるだけ早くケアを始めましょう。