気になるほくろを隠したい!初心者でも扱いやすいコスメアイテム

ほくろの知識

ほくろ隠す女性

顔や腕、足など露出する機会の多いところにあるほくろは、毎日気になるものですよね。隠したいけれど隠せない、そういったほくろはコスメアイテムを使って目立たなくすることができます。ここでは、コスメ初心者でも扱いやすいアイテムで、上手にほくろをカムフラージュする方法をご紹介します。

ほくろを隠すのに活躍するコスメアイテム

ほくろは多くが黒や茶褐色をしているため、普通のメイクでは隠すのが難しいケースがあります。なるべく目立たなくしたいときは、以下のコスメアイテムが活躍してくれるでしょう。

コンシーラー

名前自体が「隠すもの」を意味する通り、シミやニキビ跡、クマなどのお肌の悩みをカバーしてくれるコスメアイテムです。さまざまな色味のコンシーラーが市販されているので、カバーしたい場所に合わせて選ぶことができます。ほくろを隠したいときは、クリームタイプかスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。カバー力が高いので、濃い色のほくろでもカバーできます。

スポットファンデーション

あざやシミ、傷跡などを部分的にカバーできるファンデーションです。顔全体にファンデーションとして使うことも、コンシーラーとして部分使いすることもできます。カバー力が高く、さまざまな肌色に合わせた豊富な色味が特徴です。

気になるほくろを隠すとき、気をつけたいこと

ほくろが気になると、ついついファンデーションなどを厚塗りして隠してしまいたくなります。コンシーラーやスポットファンデーションを活用して、ほくろを目立たなくすることは悪いことではありません。しかし、気をつけなくてはいけないのが、ほくろをこすったり潰したりし過ぎないことです。

ほくろを触ることで、それが刺激となってメラニンの生成をより促してしまう可能性があります。ほくろはメラニン色素をつくる細胞「メラノサイト」がもとになっているので、刺激することでほくろが大きくなってしまったり、膨らんでしまったりする恐れがあるのです。

また、メイクをしたまま長時間過ごすことや、しっかりメイクオフしないで寝てしまうことのないよう注意しましょう。ほくろのケアだけでなく、健康的な肌を維持するために大切なことだからです。

気になるほくろ、取らずに隠す方法とは

ほくろが気になるからといって、毎日コンシーラーなどで隠すのは大変ですよね。たまには、ほくろを隠すのではなく、目立たなくするメイクを試してみてはいかがでしょうか?例えば、顔の他のパーツを強調することでほくろに目がいかないようにする方法があります。

チークを活用する

日々のメイクでも活躍するチークは、使い方によってはほくろを目立たなくするのに役立ちます。オレンジやピンクなど、血色を良く見せてくれる色のチークを使い、健康的な日焼け風のお肌を演出してみましょう。ツヤ感のあるチークを使うとベストです。つややかな頬に目が行くようになるので、ほくろが目立たなくなるでしょう。

アイメイクに力を入れる

アイシャドウやマスカラを活用して、印象的な目元を演出するのもおすすめです。目力のあるメイクにすれば、ほくろより目の印象が強くなります。眉にも手を抜かずに、アイメイク全体を底上げするのがおすすめです。

華やかなカラーのリップを取り入れる

口元のほくろが気になる人は、思い切って華やかなリップカラーを取り入れてみませんか?赤やオレンジ系のリップカラーで印象的な口元を演出すれば、ほくろが目立たなくなります。かえって、口元のほくろがチャームポイントに思えてくるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?身近なコスメアイテムを活用して、気になるほくろを上手に目立たなくしたり、逆に魅力的に見せたりすることができます。その日の気分や服装に合わせて、臨機応変にコスメアイテムを使いこなしてみてくださいね。