美容外科 病院によるホクロ除去

皆様はほくろを取るときに最初に考えるのは
美容外科や皮膚科ではないでしょうか?
そして次に考えるのはレーザーなどの施術方法でしょうか?
当店で扱うホクロ除去クリームなどのクリーム除去
というのは最後に考えることだと思います。

それでは皮膚科や美容外科ではどうやってほくろを除去するのでしょう?

まずは診察を行います。
診察によってホクロが良性なのか?悪性なのか確かめます。
一般的にはダーモスコピーというルーペを使用します。
次にほくろの大きさや形状によって
レーザーやメスなどを使いほくろを除去します。

レーザーの利点はほくろを炭酸ガスで
最小限で焼き除去するので回復も早いということです。
逆にホクロは根が深いので再発が多いというマイナス面もあります。
全く取り切れずほくろが残るという事もあります。

メスでくり抜く方法は根が深いほくろに良く使われます。
根が深いほくろを確実に取り除く利点はあります。
しかし取った後の完全な回復ができないことも多いマイナス面もあります。

切除縫合法という除去方法を使うこともあります。
この方法はほくろを切開して縫い合わせる方法です。
切除縫合法の場合医師の腕が左右され
縫合が苦手な医師だと縫合跡が長年目立つことも多く
縫合が得意な医師だと縫合が目立たないよう
細心の注意を払い縫合してくれます。

病院の施術は数分と言う短い時間で終わります。

最後にクリームの場合はまず正しく使うことが大切です。
クリームは正しく使用すれば病院除去の
マイナス部分をすべてカバーしています。
しかし間違った使い方をすると凶器にもなりえます。
クリームはホクロの根っ子までクリームが浸透しますので
再発が大変少ないのが特徴です。正しく使えば回復も早いです。
しかしお肌が極端に弱い人、ケロイド体質の人、使い方を守れない人は
病院に行ってお医者様にとってもらうのが1番だと考えます。
注意点を守り正しく使用出来る人はクリームは大変お勧めです。

クリームには自宅で自分で出来るという利点があります。
お客様がそれぞれの利点、欠点を良く考えて選択されるのが1番です。