ニッキーモールアウトクリームの使用方法

ニッキーモールアウトクリームについて


ニッキーモールアウトクリームは塗るだけでほくろが取れるクリームで海外では病院やクリニックでもほくろ除去クリームは使用されています。ニッキーモールアウトクリームの使用方法は非常に簡単で極端に言うとクリームを塗る、ほくろが取れるのを待つだけです。非常に単純で簡単です。

クリームの起源

ほくろ除去クリームの起源はフィリピンの皮膚科医がカシューナッツの成分にほくろやいろんな皮膚疾患に効果があることを見つけクリームを作り出したのが起源です。
そのほくろ除去クリームは世界中の学会で発表され賞を取り今もフィリピンだけではなくOEMとしてアメリカ、ヨーロッパなどでも販売されています。
この様に現在世界中で普及しているほくろ除去クリームの起源がフィリピンにあります。
多くの病院やクリニックでもほくろやイボ、コンジローマの除去に使われ、また日本の病院でもこのクリームを使いほくろを取ってる病院が存在しました。
これらのクリームはほくろ除去クリームの初期から変わらず当店の商品でいうとスクラッチクリームがそれにあたります。

クリームの進化

当店のニッキーモールアウトクリームはこれらのクリームを元に改良され作られたクリームで発売当初はスクラッチクリームのみでした。
ただスクラッチに肌質によってはコツが必要なことからお客様の意見を聞きながら製造担当者にスクラッチの必要ないノースクラッチの開発を指示しました。
そこでできてきたのが現在のノースクラッチクリームです。このノースクラッチクリームの製造方法についてはすぐさまフィリピン特許庁の方で登録しております。
ノースクラッチクリームは現在もロングセラー商品ですが次に考えたのはノースクラッチクリームを使うのに時間がかかるため衣服部分などに使うのには適さない事の問題点の解決です。
時間を短縮するために作られたのが現在のほくろ除去クリームの最先端ともいえるハイエストクリームです。
ノースクラッチのまま施術時間を短縮し非常に使いやすくなりました。

基本的なニッキーモールアウトクリームの使い方

  1. 付属の消毒液でほくろの消毒をする。
  2. ※スクラッチクリームの場合ここでスクラッチをします。
  3. ほくろ除去クリームを塗る。
  4. 2~3日でカサブタができる。
  5. メンテナンス液を塗りながらカサブタが取れるのを待つ。
  6. カサブタと一緒にほくろが取れる。
  7. 取れた後メンテナンスクリームと日焼け止めで色素沈着予防。


以上のように使用方法は非常に単純で簡単です。
ただ注意事項は多く説明書をよく読んで注意深く使用していただく必要があります。
説明書にはここだけしっかり守れば大きな失敗はないという注意事項を細かく指示しています。
ご使用される方はよく読んで使用してくださいね。